木造と住宅鉄骨のどちらがよいか

住宅模型

呉市で注文住宅を建築する場合、どのような住宅にしたいかをある程度自由に決めることができます。一部では、法律による制限があるためその制限をクリアしなければいけませんが、特に制限がない場合には 3階建ての一戸建て住宅を建築することも可能になるでしょう。この時、どのようなつくりの住宅にするかをよく考えておく必要があります。例えば、木造住宅の場合と鉄骨住宅の場合では少し状況が異なります。一般的に、木造住宅の方が軽く費用も安いですが、その分耐震性に関してをとることになるでしょう。もし、地盤が弱いなどの場面があれば、木造住宅よりも鉄骨住宅の方が魅力的かもしれません。これに対して、鉄骨住宅は耐震性をしっかりしていますが、場合によっては地面の中に杭を打たなければならないことも多く、その分費用がかかってしまいます。その点を考慮して建築をしましょう。

どのような特徴が存在するか

男女

呉市で注文住宅を建築するとなれば、それぞれの住宅の特徴を知っておく必要があります。例えば、住宅の工法で言えば、従来工法と呼ばれるものは日本で昔から親しまれてきた住宅の作り方です。現在でも、この従来工法で建築する人も多く、メリットは多いといえます。特にリフォームする場合には、それほど手間をかけずに行うことができるためとても魅力的です。これに対して、外国から伝わってきたツーバイフォー工法と呼ばれるものは耐震性に優れた建築工法になります。しかしながら、リフォームをする場合に間取り変更などはできないことがありますので、将来的に大きなリフォームを考えているならば従来工法の方がよいかもしれません。この点をよく比較しながら選ぶ必要があります。

比較的安く建築ができる

一軒家

広島県の呉市は、市街地などを除けば比較的安く土地を購入することができます。注文住宅は、建物にかかる費用としにかかる費用に分かれますが、注文住宅の建築のために土地を購入するならば、安く手に入れるメリットは大きいといえます。市街地から少し離れた所に住宅を構えれば、一坪あたり20万円以下で購入することも可能になります。そうだとすれば、ある程度大きな住宅を建築するか、庭を広くしてもそれほど大きな金銭的負担はありません。建物を建築する場合は、2階建てまでしか建築できないといった制限があることも頭に入れておきましょう。これは、その地域の美観や日当たりを考えてそのような制限が設けられている可能性があります。後は、建ぺい率なども頭に入れておく必要があるでしょう。建ぺい率は、土地に対してどれだけ建物を建ててよいかの制限になります。建ぺい率が40パーセントならば、100パーセントの面積の土地に対して建物は40パーセントまでしか建築してはいけないことを意味しています。

広告募集中